スプレッドの狭さは致命的

野球好きの仕事と勝負 > 注目 > スプレッドの狭さは致命的

スプレッドの狭さは致命的

2014年10月30日(木曜日) テーマ:注目

「スプレッド」とは外為は通貨を取引して利益を得る投資です。

 

売買の注文の値段は、いつも上がったり下がったりします。

 

これがレートです。

 

ラジオを聞いていると、ドルやユーロの為替レートのニュースが流れる状況があります。

 

たとえば、「マーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間で売り買いされているという事を示しているのではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、ということを表示しています。

 

別の表現をすると売り買いには買いと売りの価格が存在するのです。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表現しているFX取引会社も存在しています。

 

買値よりも売値のほうが低い値段に定められています。

 

自分が買うときには高く、売るときには安くなります。

 

その差分をスプレッドといい取引業者の収入といわれています。

 

スプレッドはFX取引会社によって変わります。

 

スプレッドの差はあなたにとって経費になるので、狭い取引会社をピックアップしたほうが優位です。

 

ただ、同じFX取引会社でも場合によってスプレッドの狭さは変わります。

 

仮定として通常時はドルと円の組合せで1銭のスプレッドの差であっても、マーケットの変動が大きい場面では1銭よりも広くなったりする状況があります。

 

ですから、スプレッドが低いのと同様に変わらないということが肝心です。

 

今では動かないスプレッドの狭さを表示するFX業者も多く存在しています。

 

リアルにFX取引会社のトレード画面内で現実の為替相場を調べなければ判断できないので億劫ですが大切な事です。

 

大切な資金を賭けて取引しますのでリアルな売買の前に、魅力的に思えた会社の新規口座開設を試して、表示されているスプレッドを実感しましょう。

 

同じ通貨のペアでも、その場面でのボラティリティによってスプレッドの狭さは異なる場合があります。

 

通常、インターバンクで取引高が多い通貨の組合せではスプレッド幅が狭く残りの通貨ではスプレッドが広くなるのが普通です。

 



関連記事

ダイエットを成功させるには、ダイエットを始める前も大切

ダイエットを成功させるには、ダイエットを始める前も大切

2014年11月10日(月曜日)

スプレッドの狭さは致命的

スプレッドの狭さは致命的

2014年10月30日(木曜日)

便秘解消に役立つ食材

便秘解消に役立つ食材

2014年10月23日(木曜日)

姿勢を正して腹筋を鍛えよう

姿勢を正して腹筋を鍛えよう

2014年10月 6日(月曜日)

プロポーズの仕方で悩むなら

プロポーズの仕方で悩むなら

2014年9月30日(火曜日)